アクティビティ → AAC所蔵資料展4:大野美代子アーカイヴ「ミリからキロまで」資料展を開催

This is the index.html


AAC所蔵資料展4:大野美代子アーカイヴ「ミリからキロまで」資料展を開催


[会期]2024年3月2日(土)-3月15日(金)/4月3日(水)-5月11日(土)
[休館]日曜日/3月16日(土)-4月2日(火)/5月1日(水)-5月4日(土)
[時間]午前10時-午後5時
[会場]多摩美術大学八王子キャンパス アートテーク2F AACギャラリー|入場無料
[主催]多摩美術大学アートアーカイヴセンター
[監修]大野美代子研究会
   「70年代の大野美代子のインテリア・橋梁にみる領域横断的デザインの可能性」
    (科学研究費助成事業基盤研究)
   湯澤幸子 ー 多摩美術大学 建築・環境デザイン学科 教授、大野美代子アーカイヴ資料代表者
   吉村純一 ー 多摩美術大学 建築・環境デザイン学科 教授
   福島秀哉 ー 株式会社 上篠・福島都市設計事務所 共同主宰
          東京大学大学院新領域創成科学研究科国際協力学専攻 客員連携研究員
   福井恒明 ー 法政大学デザイン工学部都市環境デザイン工学科 教授


大野美代子(1939-2016)は、横浜ベイブリッジ(神奈川県)や鮎の瀬大橋(熊本県)などの名橋をデザインしたアーキテクトです。 1963年に本学デザイン科を卒業後は、インテリアデザイナーとして、キャリアを積み、商業空間の設計や家具開発を行いました。社会に出てからも積極的にデザインの研鑽を続け、ジェトロの海外留学制度を利用して、スイスのデザイン設計事務所で働く経験をしました。帰国後は美術予備校時代の仲間と会社を設立し、医療・児童福祉施設など社会性の高い空間設計に関心を広げていきました。1977年に蓮根歩道橋(東京都板橋区)の仕事が高く評価されて以降、土木分野に仕事の領域を拡大していきました。大野は、インテリアの概念を拡張し、ミリからキロまでのスケールを自在に行き来する柔軟な感性によって、公共空間に人間の居場所の必要性を明示し、環境デザインにおけるパイオニア的存在です。今回の展示には、大野美代子が在学中に作成した図面が含まれており、本学でどのように学び、その学びが、後の実務活動にどのように生かされたのか、垣間見ることができるでしょう。

建築・環境デザイン学科 教授 湯澤幸子


大野美代子研究発表会のお知らせ
3年間の科研費の研究成果を発表します。また、フリーディスカッションの時間を設けております。
みなさまご来集ください。
[日時]2024年3月2日(土)
    14:00-17:00
[場所]多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールC
[登壇予定者]湯澤幸子、吉村純一、福井恒明、福島秀哉、阿部花奈子、大村瑛太、荻原貴之





関連アーカイヴ/コレクション

アーカイヴ

大野美代子アーカイヴ

橋梁デザインで知られる空間デザイナー、大野美代子の資料


AAC収蔵品貸出「和田誠展」岡山県立美術館


現在全国を巡回中の和田誠展において、AACは原画をはじめとした資料約350点の貸出、画像約600点を提供しています。この度、岡山県立美術館での展示が3月24日より始まりました。


 会期:2023年3月24日(金)-5月7日(日)
 会場:岡山県立美術館
 開館時間:9:00-17:00(入場は閉館30分前まで)
 休館日:月曜日 ただし5月1日(月)は開館
 観覧料:前売り1000円(一般のみ)/当日一般1200円
 65才以上1100円*/高大学生800円*/中学生以下無料*
 ※学生証や年齢の確認できる証明書をご提示ください。
  障がい者手帳をご持参の方とその介護者1名は無料。



和田誠(1936–2019)は多摩美術大学卒業後、ライトパブリシティを経て、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして広く活躍しました。そのほかにも装丁家や映画監督、エッセイスト、作曲家、アニメーション作家、アートディレクターなどさまざまな顔を持ち、その創作の広がりはとどまるところを知りません。 本展は、和田誠の膨大で多岐にわたる仕事の全貌に迫る初めての展覧会です。和田誠を知るうえで欠かせないトピックを軸に、83年の生涯で制作した多彩な作品を紹介します。きっとこれまで知らなかった和田誠の新たな一面に出会えることでしょう。



 主催:岡山県立美術館、山陽新聞社
 特別協力:和田誠事務所、多摩美術大学、多摩美術大学アートアーカイヴセンター
 企画協力:ブルーシープ、888ブックス
 協力:オハヨー乳業
 後援:公益財団法人岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟
    一般財団法人岡山県国際交流協会、NHK岡山放送局



画像:和田誠 週刊文春表紙 2017年7月20日号《無題》
   多摩美術大学アートアーカイヴセンター蔵



関連アーカイヴ/コレクション・外部サイト

アーカイヴ

和田誠アーカイヴ

和田誠の広範な活動をあとづける膨大な原画、版下、デザイン制作物、一次資料類

関連サイト

和田誠展公式サイト

「実験工房資料展」を開催しました


本学芸術学科アーカイヴ設計ゼミの学生による展示「実験工房資料展」を開催しました。
アーカイヴセンターからは、秋山邦晴、瀧口修造文庫の資料を貸し出しました。


会期:12月6日(火)–12月10日(土)
会場:アートテーク2F 竹尾ギャラリー


関連アーカイヴ/コレクション


『軌跡』英語版1号を公開しました


本号は、AACで発行してきた研究紀要『軌跡』(no.1-4)から、本センターが所蔵する資料体についての論考9本を英訳し収録しています。そのほかに、2021年に開催された第4回多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウム「アーカイヴの思想」第2部・第3部の要旨、本学のメディアネットワーク推進委員会による報告、本センターの紹介を収録しています。

詳細とDLは紀要のページをご覧ください。

#MatazoKayamaArchive #MisaoYokoyamaArchive #MakotoWadaArchive #MiyokoOnoArchive #ShuzoTakiguchiLibrary #SeikoMikamiArchive #ShigeoAnzaiPhotoArchive #Mono-haArchive #MonyoArchive #KuniharuAkiyamaLibrary #DNPPosterArchive #MakotoSaitoPosterArchive #TakeoPosterCollection



研究紀要『軌跡』

シンポジウム

アーカイヴの思想

2021年12月4日開催