所蔵資料 → 所蔵アーカイヴ一覧 → 横山操資料

横山操資料

日本画専攻で教鞭をとった横山操による、素描や新聞の挿絵、雑誌表紙の原画、映像や写真など



横山操(1920-1973)
日本画家
日本画専攻教授(1966-1973)

横山操は、戦後の日本絵画史を代表する画家である。1966年に本学教授に就任し、加山又造とともに後進の指導にも全力を注いだ。2017年に横山操のご遺族より、本画、版画、素描、新聞の挿絵や雑誌の表紙の原画、映像や写真などおよそ500点の作品と資料が寄贈され、横山操研究会が始まった。作品調査と諸資料の整理、8ミリや16ミリフィルムのデジタル化に加えて、作家のみならず教育者としての横山操の実像を知るために、関係者に聞き取り調査を行った。日本画専攻の教育理念や教育法に具体的にどのような影響を与えたかについても検証した。この成果は、2021年に「現代日本画の系譜ータマビDNA」展で報告された。

記号 MY
受入 2017
作成 横山操(1920-1973)
期間 1956-1973
概要 素描、新聞の挿絵、雑誌の表紙の原画、映像や写真など
総数:約500点
資料公開状況 未公開(準備中)
参照可能リスト

活動歴

2017 横山操研究会立ち上げ、横山操資料寄贈
2019「横山操資料展」〔会場:多摩美術大学アートテークギャラリー、会期:2019年11月9日-15日〕
2021「現代日本画の系譜-タマビDNA」展〔第一会場:多摩美術大学美術館、会期:2021年4月3日-6月20日、第二会場:多摩美術大学アートテークギャラリー、会期:2021年4月3日-5月7日〕

関連アーカイヴ/コレクション

アーカイヴ

加山又造アーカイヴ

日本画専攻で教鞭をとった加山又造の作品制作関連資料、書籍