所蔵資料 → 所蔵アーカイヴ一覧 → 加山又造アーカイヴ

加山又造アーカイヴ

日本画専攻で教鞭をとった加山又造の作品制作関連資料、書籍


下図・大下図・スケッチ・型紙・木版のプロセス版・用具など



加山又造(1927-2005)
日本画家
日本画専攻教授(1966-1973、1977-1988)、日本画専攻特別講師(1988-1995)

1966年から1973年、そして1977年から1988年にかけてを日本画専攻の教授として、1988年から1995年にかけて特別講師として本学で教鞭をとった加山又造の作品制作に関わる下図・大下図・スケッチ・型紙・木版のプロセス版・日本画の用具・版画用具ほかからなるアーカイヴである。 およそ7,000点におよぶ資料群は、ご遺族から寄贈されたものである。アトリエに残されていたこれらの資料には、普通では目にする機会のないものも数多く含まれており、制作におけるヒントや方向性をうかがい知ることができる貴重なものとなっている。

記号 MZK
受入 2004-2005
作成 加山又造(1927-2005)
期間 1978-1998
概要 総計:約7,500点
ドローイング、デッサン:約1,780点
下図・大下図:約1,000点
版画、版画プロセス:約360点
型紙、デザイン:約410点
用具、画材類等:約280点
印刷物:約180点
参考資料:約3,440点
資料公開状況 応相談
参照可能リスト 資料リスト

活動歴

2005 加山又造研究会 発足
2005「加山又造アトリエの記憶」展〔会場:多摩美術大学美術館、会期:2005年4月3日-6月20日〕
2007「加山又造アトリエの記憶Ⅱ」展〔会場:多摩美術大学美術館、会期:2007年1月6日-2月25日〕
2007「加山又造アトリエの記憶Ⅲ」展〔会場:多摩美術大学美術館、会期:2008年9月28日-11月3日〕
2021「現代日本画の系譜ー多摩美DNA」展〔第1会場:多摩美術大学美術館、会期:2021年4月3日-6月20日|第2会場:多摩美術大学アートテークギャラリー、会期:2021年4月3日-5月7日〕


「現代日本画の系譜-タマビDNA」展
2021年4月3日-6月20日

多摩美術大学美術館/撮影:須田行紀