所蔵資料 → 所蔵アーカイヴ一覧 → 秋山邦晴資料

秋山邦晴資料

現代音楽評論家、秋山邦晴の旧蔵資料


実験工房
フルクサス
日本万国博覧会(1970)関連資料と写真
バウハウス
イタリア未来派等をテーマとする講義資料
エリック・サティ資料複写



秋山邦晴(1929-1996)
現代音楽評論家、プロデューサー、作曲家、詩人
共通教育教授(1981-1996)

音楽評論家、音楽プロデューサー、詩人、作曲家である秋山邦晴が収集した資料を調査・研究し、アーカイヴ化するためにご遺族より寄贈いただいた資料を中心とする。自身が活動していた実験工房、1964年にカーネギー・ホールで指揮をしたフルクサスの紙媒体の作品と資料、エリック・サティの資料のほか、バウハウスやイタリア未来派等の現代芸術に関する資料が含まれる。

記号 KA
受入 2002-2022
作成 秋山邦晴(1929-1996)
期間 1950s-1990s
概要 蔵書(1920s-1970s):約2,500冊*1
スクラップブック(1950s-1990s):14冊
実験工房関連|印刷物、書簡、写真、資料(1950s)ファイル:10冊*2
1970年日本万国博覧会関連|印刷物、書簡、資料(1960s-1970):3箱
フルクサス出版物(1960s-1970s) :4箱
フルクサス関連写真(1960s-1970s) :アルバム1箱
芸術学科講義関連ファイル(1980s-1990s)
バウハウス講義資料|ファイル:34冊、未来派講義資料ファイル:6冊
その他講義資料ファイル:17冊
本学芸術学科制作≪イントナルモーリ≫(1986年再制作/オリジナルは1913年作)
資料公開状況 未公開(準備中)
参照可能リスト *1 書籍リスト
*2 資料リスト(一部)

《イントナルモーリ》(再制作)の授業利用風景