アクティビティ → AAC所蔵資料展4:大野美代子アーカイヴ「ミリからキロまで」資料展を開催

This is the index.html


AAC所蔵資料展4:大野美代子アーカイヴ「ミリからキロまで」資料展を開催


[会期]2024年3月2日(土)-3月15日(金)/4月3日(水)-5月11日(土)
[休館]日曜日/3月16日(土)-4月2日(火)/5月1日(水)-5月4日(土)
[時間]午前10時-午後5時
[会場]多摩美術大学八王子キャンパス アートテーク2F AACギャラリー|入場無料
[主催]多摩美術大学アートアーカイヴセンター
[監修]大野美代子研究会
   「70年代の大野美代子のインテリア・橋梁にみる領域横断的デザインの可能性」
    (科学研究費助成事業基盤研究)
   湯澤幸子 ー 多摩美術大学 建築・環境デザイン学科 教授、大野美代子アーカイヴ資料代表者
   吉村純一 ー 多摩美術大学 建築・環境デザイン学科 教授
   福島秀哉 ー 株式会社 上篠・福島都市設計事務所 共同主宰
          東京大学大学院新領域創成科学研究科国際協力学専攻 客員連携研究員
   福井恒明 ー 法政大学デザイン工学部都市環境デザイン工学科 教授


大野美代子(1939-2016)は、横浜ベイブリッジ(神奈川県)や鮎の瀬大橋(熊本県)などの名橋をデザインしたアーキテクトです。 1963年に本学デザイン科を卒業後は、インテリアデザイナーとして、キャリアを積み、商業空間の設計や家具開発を行いました。社会に出てからも積極的にデザインの研鑽を続け、ジェトロの海外留学制度を利用して、スイスのデザイン設計事務所で働く経験をしました。帰国後は美術予備校時代の仲間と会社を設立し、医療・児童福祉施設など社会性の高い空間設計に関心を広げていきました。1977年に蓮根歩道橋(東京都板橋区)の仕事が高く評価されて以降、土木分野に仕事の領域を拡大していきました。大野は、インテリアの概念を拡張し、ミリからキロまでのスケールを自在に行き来する柔軟な感性によって、公共空間に人間の居場所の必要性を明示し、環境デザインにおけるパイオニア的存在です。今回の展示には、大野美代子が在学中に作成した図面が含まれており、本学でどのように学び、その学びが、後の実務活動にどのように生かされたのか、垣間見ることができるでしょう。

建築・環境デザイン学科 教授 湯澤幸子


大野美代子研究発表会のお知らせ
3年間の科研費の研究成果を発表します。また、フリーディスカッションの時間を設けております。
みなさまご来集ください。
[日時]2024年3月2日(土)
    14:00-17:00
[場所]多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールC
[登壇予定者]湯澤幸子、吉村純一、福井恒明、福島秀哉、阿部花奈子、大村瑛太、荻原貴之





関連アーカイヴ/コレクション

アーカイヴ

大野美代子アーカイヴ

橋梁デザインで知られる空間デザイナー、大野美代子の資料


AAC所蔵資料貸出「『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本」板橋区立美術館


板橋区立美術館にて企画展「シュルレアリスムと日本」が下記の日程にて開催されます。
AACからは北園克衛文庫より、資料を2点貸し出しています。

 会期:2024年3月2日(土)—4月14日(日)
 前期:3月2日(土)~24日(日)|後期:3月26日(火)~4月14日(日)|※前後期で一部展示替えがございます。

 会場:板橋区立美術館
 開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日:月曜日
 観覧料:一般650円、高校・大学生450円、小・中学生200円
 ※土曜日は小中高校生は無料で観覧できます。|※65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)

 主催:板橋区立美術館・東京新聞
 協力:京都府京都文化博物館、三重県立美術館
 助成:公益財団法人ポーラ美術振興財団



—板橋区立美術館公式サイトより—
1924年、アンドレ・ブルトンが「シュルレアリスム宣言」を発表して100年。フランスで誕生し詩や思想、絵画に多大な影響を及ぼした芸術運動は、当時の日本の画家たちを魅了しました。1920年代後半からシュルレアリスムを先駆的に試みたのは古賀春江や東郷青児、福沢一郎をはじめとする人々でした。1930年代には若い画家や画学生たちがエルンストやダリの作品の影響を受け、表現の幅を広げます。さらに靉光、北脇昇らによる日本のシュルレアリスムを象徴する作品が描かれました。しかし、戦時中にシュルレアリスムは危険思想として監視の対象となるとともに、戦死する画家も現れ、活動は困難を極めます。それでも戦後、その影響は絶えることはなく、山下菊二をはじめとする画家たちは混迷する社会と向き合いながら、日本特有のシュルレアリスムの作品を生み出したのです。 東京のみならず日本各地で展開したシュルレアリスム。戦中、戦後の激動の時代、シュルレアリスムという前衛表現によって時代と対峙した画家たちの軌跡を約120点の作品と資料から検証します。







関連アーカイヴ/コレクション・外部サイト

アーカイヴ

瀧口修造文庫

詩人、評論家などで知られる北園克衛の旧蔵書籍と資料


授業利用展示「1970 大阪万博資料展──拡張のセンセーション」開催



多摩美術大学アートアーカイヴセンター所蔵 秋山邦晴資料・勝見勝アーカイヴ
芸術学科 アーカイヴ設計ゼミ 授業利用展示
「1970 大阪万博資料展──拡張のセンセーション」


[会期]11月23日(木・祝)–12月9日(土)|10:00–17:00|日曜休館
[会場]多摩美術大学八王子キャンパス アートテーク2F AACギャラリー|入場無料
[共催]多摩美術大学芸術学科 アーカイヴ設計ゼミ2023
    多摩美術大学アートアーカイヴセンター




関連アーカイヴ/コレクション

アーカイヴ

秋山邦晴資料

現代音楽評論家、秋山邦晴の旧蔵資料

      

アーカイヴ

勝見勝アーカイヴ

戦前から戦後にかけて日本のデザイン界を牽引した勝見勝の一次資料・二次資料



関連記事

シンポジウム

第6回アートアーカイヴシンポジウム
「資料のデータ公開と著作権」

本展覧会は本シンポジウムの関連イベントです


AAC所蔵資料展2:北園克衛文庫「北園克衛Ⅰ 詩人のデザイン」展の記録映像を公開しました





アートアーカイヴセンター所蔵資料展2 北園克衛文庫『詩人のデザイン』展の記録映像を公開しました。記録映像は以下のページからご覧ください。

 
関連アーカイヴ/コレクション
関連アーカイヴ/コレクション

授業利用展示「サウンドポエトリーと現代美術 未来派・フルクサスから」の記録映像を公開しました




アートアーカイヴセンター所蔵 秋山邦晴資料 授業利用展示「サウンドポエトリーと現代美術 未来派・フルクサスから」の記録映像を公開しました。
記録映像は以下のページからご覧ください。

 

授業利用展示「イカット&バティック」の記録映像を公開しました






リベラルアーツセンター「染色文化研究ゼミ」にて行われた、授業利用展示「イカット&バティック」の記録映像を公開しました。記録映像は以下のページからご覧ください。



AAC所蔵資料展1 和田誠アーカイヴ「和田誠の世界Ⅰ」の動画を公開しました





アートアーカイヴセンター所蔵資料展1 和田誠アーカイヴ「和田誠の世界Ⅰ」の記録映像を公開しました。
記録映像は以下のページからご覧ください。

 

AAC所蔵資料展2 北園克衛文庫「北園克衛Ⅰ 詩人のデザイン」展を開催


「北園克衛Ⅰ 詩人のデザイン」展ご案内

昨年度から始めた年2回のAAC見学会を、本年度は展示というかたちで試みます。新しい発見や授業の教材につながるきっかけになることができれば、これ以上うれしいことはありません。AAC所蔵資料展が、学内で保管されている貴重な資料群に出会い、その存在を知っていただける機会になることを願っています。
北園克衛(1902–1978)は1920年代に活動をスタートした、日本のモダニズムを代表する詩人です。彼の詩は紙の上に文字で表されることを意識した、視覚的な詩といえます。紙面の広がり、漢字とかなの配分、レイアウト、フォント、すべてに明晰な北園の美学が冴えわたっています。抽象絵画のような、具象彫刻のような、北園の独自の詩世界は、戦中期の変転をこえて展開しました。
数々の詩集、『VOU』(1935年から改題を経て1978年終刊)をはじめとする同人誌のすべてにおいて、北園はデザイン、装幀を手がけています。カットや挿絵を描くほか、手近な材料でオブジェをアッサンブラージュして撮影した写真作品「プラスティック・ポエム」シリーズも国内外で発表してきました。
本展は共同研究「アートアーカイヴセンター所蔵資料の授業利用の課題と実践」の教員メンバーが企画・監修に携わりました。6名の教員がそれぞれの視点から選んだ資料によって、北園という多面体の魅力に触れていただけるはずです。
北園克衛文庫は1993年に発足した歴史あるアーカイヴです。稀有な詩人、北園と出会えれば、きっともっと知りたい、資料を見たいと思っていただけるでしょう。その時にはぜひAACでお待ちしています。

多摩美術大学アートアーカイヴセンター所長 光田由里

多摩美術大学アートアーカイヴセンター 所蔵資料展2
北園克衛文庫 「北園克衛I 詩人のデザイン」展


会 期:2023年6月22日(木)–7月21日(金)
会 場:八王子キャンパス アートテーク2F 竹尾ポスターコレクションギャラリー
入場料:無料
時 間:10:00–17:00
休館日:日曜日、7月17日(月)※7月16日は開館
主 催:多摩美術大学アートアーカイヴセンター
監 修:多摩美術大学共同研究会「アートアーカイヴセンター所蔵資料の授業利用の課題と実践」 古谷博子(版画専攻教授)、大島成己(版画専攻教授)、加藤勝也(グラフィックデザイン学科准教授)、高橋庸平(グラフィックデザイン学科准教授)、矢野英樹(情報デザイン学科准教授)、光田由里(大学院教授)



関連アーカイヴ/コレクション


AAC所蔵 文様アーカイヴ 授業利用展示「イカット&バティック」を開催




アートテーク2階の竹尾ポスターコレクションギャラリーにて、 リベラルアーツセンターの授業利用展示「イカット&バティック」が
6月7日(水)–14日(水)まで開催されます。
アートアーカイヴセンター所蔵の文様アーカイヴの資料が展示されます。 後日展示風景動画を本ホームページで公開予定です。

<展示概要>
多摩美術大学アートアーカイヴセンター所蔵文様アーカイヴ
リベラルアーツセンター「染織文化研究ゼミ」授業利用展示
イカット&バティック
会期:2023年6月7日(水)–14日(水)
時間:10:00–17:00
会場:アートテーク2F 竹尾ポスターコレクションギャラリー
担当教員:深津裕子(リベラルアーツセンター教授、アートアーカイヴセンター所員)
協力:多摩美術大学アートアーカイヴセンター


関連アーカイヴ/コレクション


AAC所蔵 秋山邦晴資料 授業利用展示「サウンドポエトリーと現代美術 未来派・フルクサスから」を開催



アートテーク2階の竹尾ポスターコレクションギャラリーにて、 油画専攻の授業利用展示「サウンドポエトリーと現代美術 未来派・フルクサスから」が 5月24日(水)–26日(金)まで開催されます。
アートアーカイヴセンター所蔵の秋山邦晴資料より、 フルクサス関連の資料と、イントナルモーリが展示されています。 後日展示風景動画を本ホームページで公開予定です。

<展示概要>
多摩美術大学アートアーカイヴセンター所蔵
秋山邦晴資料 油画専攻 特別実習 授業利用展示
「サウンドポエトリーと現代美術 未来派・フルクサスから」
会期:2023年5月24日(水)–26日(金)
時間:10:00–17:00
会場:アートテーク2F 竹尾ポスターコレクションギャラリー
担当教員:足立智美(油画専攻非常勤講師)
協力:多摩美術大学アートアーカイヴセンター


関連アーカイヴ/コレクション