アクティビティ → 第3回データベース研究会「データ入力アプリケーションとその使用法」記録動画公開

This is the index.html


第3回データベース研究会「データ入力アプリケーションとその使用法」記録動画公開

11月18日に開催された第3回DB研究会の記録動画およびスライド資料をグーグルクラスルームで公開しました。詳細はページ下部のリンクをご覧ください。

研究会では、「多摩美術大学研究ポータル(BETA)」で公開されているアートアーカイヴセンターの瀧口修造文庫をはじめとしたデータベースが、どのようなアプリケーションを用いて入力されているのかについて、開発者の堀口淳史氏からレクチャーがありました。



関連アーカイヴ/コレクション・外部サイト


11/18に第3回データベース研究会「データ入力アプリケーションとその使用法」を開催します


本学では、学内の各組織の持つ資料・作品の情報を包括的に検索するためのデータベースプロジェクトを進めています。昨年度3月31日に公開された「多摩美術大学研究ポータル(BETA)」では、アートアーカイヴセンターの瀧口修造文庫などすでにその一部が公開されています。こうした取り組みを学内の研究・教育に活用するために、アーカイブセンターでは定期的にデータベース研究会(DB研究会)を主催しています。

11月18日に開催する第3回のDB研究会では、独自に開発されたデータベース入力のための専用アプリケーション「TAUArtArchiver」について解説します。アプリを実際に使ったデータ入力も予定されており、これまでの研究会で紹介されてきたデータベースプロジェクトの概念的な側面が、具体的なデモンストレーションとして実践される予定です。

会場、オンライン、どちらからも参加可能なハイブリッド開催です。是非ご参加ください。


開催日時:2022年11月18日(金) 16:30-18:00(5時限目)

会場:アートテーク3F 大学院306教室

講師:堀口 淳史 (システム設計・開発者)・久保田 晃弘(情報デザイン学科メディア芸術コース教授)

※本学学生・教職員のみ参加可能です。詳細は、キャンパススクエアや学内の掲示板をご覧ください。

DB研究会ではGoogle Classroomにて、最新情報や研究会の記録を公開しています。学生の皆様はぜひ参加してください。