インフォメーション → 第3回 多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウム開催

第3回 多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウム開催
「メディウムとしてのアートアーカイヴ」

オンライン・シンポジウムとして開催いたします 
参加には、事前登録が必要です 登録はこちらから(先着順400名)


日時:2020年12月5日(土) 10:00~17:00 
参加費無料 事前登録制(先着順400名)オンライン開催

ポスターデザイン 加藤勝也



第3回目になる多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウムを、オンライン開催します。今回は「メディウムとしてのアートアーカイヴ」と題して、研究と教育の結節点に位置する、美術大学のアートアーカイヴ活用のあり方をテーマにしました。特に、COVID-19の状況におけるオンラインアーカイヴの教育利用と、現在センターが開発を進めている、統合データベースの設計と運用について、報告と議論を行います。
──久保田 晃弘(アートアーカイヴセンター所長)

日時 2020年12月5日(土)10:00~17:00
参加費 無料・事前登録制(先着順400名)
オンライン開催[事前登録はこちらから行ってください]

主催 多摩美術大学アートアーカイヴセンター
協力 多摩美術大学メディアネットワーク推進委員会


今回は「メディウムとしてのアートアーカイヴ」と題して、研究と教育の結節点に位置する、美術大学のアートアーカイヴ活用のあり方をテーマにしました



プログラム 
プログラムは、都合により変更する場合がありますのでご了承ください。
全体進行
安藤礼二
10:00~10:10 オープニング
青柳正規
10:15~12:15 第1部 アートアーカイヴの現状
小泉俊己+光田由里:写真という軽やかな根拠 マン・レイとその周辺
久保田晃弘:インタラクションの分析
佐賀一郎+塚田優:和田誠アーカイヴ寄贈の報告とその可能性
司会:安藤礼二
昼休憩
14:00~15:15 第2部 アートアーカイヴと遠隔教育
石山星亜良:三上晴子アーカイヴから立ち上がる講義資料
深津裕子:文様アーカイヴとアート&デザイン教育
コメンテーター:加治屋健司、関口敦仁、赤塚祐二
司会:久保田晃弘
休憩
15:30~16:45 第3部 アーカイヴ/コレクションのためのデータベース
堀口淳史、淵田雄、木下京子:美術館とアーカイヴセンターを横断するデータベース構築に向けて
平出隆:最終講義゠展《Air Language program》について
コメンテーター:川口雅子、谷口英理、渡部葉子
司会:佐賀一郎
16:45~17:00 クロージング
シンポジウムの総括とアートアーカイヴセンターの未来
久保田晃弘、建畠晢、永原康史、平出隆





関連リンク(外部サイト)



アートアーカイヴセンター | 2020年10月21日


関連コレクション/アーカイヴ

安齊重男フォトアーカイヴ

1970年から現代美術の現場を記録してきた写真家 安齊重男(1939–2020)の写真資料

もの派アーカイヴ

埼玉県立近代美術館との関根伸夫(1942–2019)、安齊重男(1939–2020)の研究

和田誠アーカイヴ

2019年に逝去した和田誠の広範な活動をあとづける膨大な原画、版下、デザイン制作物、一次資料類

三上晴子アーカイヴ

2015年に急逝した三上晴子(メディア芸術コース教授)の作品資料、映像記録、蔵書

Archives/Collections

アジアの群島を結ぶ文様アーカイヴ

文様研究所の活動を継承する、先端メディアを活用したデザインアーカイヴ

Archives/Collections

横山操学内共同研究

戦後の日本絵画史を代表する画家である横山操(1920–73)の作品と資料類

Archives/Collections

竹尾ポスターコレクション

1997年に株式会社竹尾から寄託され共同研究が続けられている20世紀の歴史的ポスター


関連情報

Topics/Symposium

多摩美術大学アートアーカイヴセンター創設記念シンポジウム
2019年3月29日~30日

アートアーカイヴセンター | 2019年2月20日