インフォメーション → 第2回 多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウム開催

第2回 多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウム開催
「アートアーカイヴとは何か」


日時 2019年12月7日(土) 10:00~17:00 (9:30開場)
会場 多摩美術大学 八王子キャンパス レクチャーホールB
参加費 無料・申込不要(先着順200名)



ポスターデザイン 加藤勝也



多摩美術大学の第2回目のアートアーカイヴシンポジウムを開催します。今年3月の第 1 回での議論を出発点に、今回は「アートアーカイヴの現状」「写真アーカイヴのこれから」「言語と美術のアーカイヴ化」という3つの方向からアートアーカイヴの可能性を展開します。さらに、アートテークと図書館で展覧会が同時開催されることで、アーカイヴとギャラリーが連動した、新しい体験と議論の場をつくりだすことを試みます。
──久保田 晃弘(アートアーカイヴセンター所長)

日時 2019年12月7日(土)10:00~17:00(9:30開場)
会場 多摩美術大学 八王子キャンパス レクチャーホールB
参加費 無料・申込不要(先着順200名)
主催 多摩美術大学アートアーカイヴセンター
   多摩美術大学図書館
   多摩美術大学芸術人類学研究所
協力 多摩美術大学美術館、メディアセンター



「アートアーカイヴの現状」 「写真アーカイヴのこれから」 「言語と美術のアーカイヴ化」 という3つの方向からアートアーカイヴの可能性を展開します



プログラム 
プログラムは、都合により変更する場合がありますのでご了承ください。
全体進行
安藤礼二
10:00~10:10 オープニング
久保田晃弘
10:15~11:45 第1部 アートアーカイヴの現状
(1)佐賀一郎:デザインアーカイヴの連携をめざして
(2)久保田晃弘:インタラクションのアーカイヴ
(3)小泉俊己、上崎千:もの派と写真
昼休憩
13:30~15:00 第2部 アーカイヴのこれから──写真と人類学について
港千尋、金子遊
休憩
15:15~16:45 第3部 「言語と美術」のアーカイヴ化と「空中の本」
平出隆、青木淳
16:45~17:00 クロージング
平出隆
17:05~17:20 アートテークツアー
17:30~ レセプション



さらに、アートテークと図書館で展覧会が同時開催されることで、アーカイヴとギャラリーが連動した、新しい体験と議論の場をつくりだすことを試みます


関連展示

1)多摩美術大学図書館
ゲーテ・インスティテュート主催の写真集展を開催。
12月4日(水)~7日(土)9:00~20:00、土曜のみ16:30まで

河原温コレクションと青木淳「透明梁」を12月4日より公開。

2)アートテークギャラリー201
「河原温 LANGUAGE and ARTブックアート・コレクション創設記念展」
12月4日(水)~7日(土)10:00~18:00、入場無料

多摩美術大学図書館ではこのたび、河原温のブックアート・コレクションを創設します。Today シリーズなどで世界の美術界を席捲した河原温は、その実像を秘したまま、2014年に逝去しました。しかし、その生涯を記述するための資料を、例外的に平出隆(多摩美術大学図書館長)に託しました。またこの夏、ニューヨークの河原温財団は、本学における研究・蒐集状況と《言語と美術──平出隆と美術家たち》展(DIC川村記念美術館)などを評価し、コレクションの完全化への協力を決定しました。こうして河原温ブックアート・コレクションの創設記念展が、八王子キャンパスのアートテークにて、12月4日から7日まで開催されます。同時に、伊東豊雄設計の図書館では、《言語と美術》展のために青木淳が設計した空中書架《透明梁》が、河原温の貴重な作品を容れて恒久設置されます。



関連リンク(外部サイト)



アートアーカイヴセンター | 2019年10月28日




関連コレクション/アーカイヴ

Archives/Collections

竹尾ポスターコレクション

1997年に株式会社竹尾から寄託され共同研究が続けられている20世紀の歴史的ポスター

三上晴子アーカイヴ

2015年に急逝した三上晴子(メディア芸術コース教授)の作品資料、映像記録、蔵書

安齊重男フォトアーカイヴ

1970年から現代美術の現場を記録してきた写真家 安齊重男(1939–2020)の写真資料

もの派アーカイヴ

埼玉県立近代美術館との関根伸夫(1942–2019)、安齊重男(1939–2020)の研究


関連情報