インフォメーション → 平出隆 最終講義=展

平出隆 最終講義=展
Air Language program


会期:12月10日(木)–24日(木) 10–17時
入場無料 日曜休廊
会場:多摩美術大学八王子キャンパス
   アートテークギャラリー1F+図書館ラボラトリー







装幀、印刷、映像、音読の多次元を交錯させ、
「美術」 と 「文学」 を同時に解放する終りなき対話。
まだ見ぬ書物の射影的トポスによって証明される 「数学」 と 「詩」 の根源的接続。
講義なき最終講義がはじまる。


平出隆全装幀+小冊子集成
加納光於+平出隆《雷滴 その研究》2007
奈良原一高+平出隆《AIR LANGUAGE PROGRAM 草稿》2018
杉谷諭《Reversions》《100 Feet》《Persistence is Grace》2020
平出隆「ON KAWARA=紀」(新作)
*
青木淳+平出隆《河原温 One Million Years 透明梁のなかの》2019

展示構成:澤直哉+杉谷諭

+書物設計ゼミ作品集

平出隆
詩人、散文家として、数々の詩書を刊行。国際的ベストセラー小説『猫の客』の著者。多摩美術大学図書館長、教授、芸術人類学研究所所員。近年はDIC川村記念美術館での[言語と美術──平出隆と美術家たち]展など、美術館やギャラリーでの展示をつづけて行い、みずからのデザイン・写真・印刷による書簡形態の本《via wwalnuts 叢書》や著作を葉書に還元する《ppripo シリーズ》を展開。多摩美術大学図書館で河原温ブックアート・コレクションを創設。大江健三郎により「詩の側から散文の新しいスタイルを生み出す詩人」とされる。

(会期中、講演等イベントは行われません。図書館閲覧室エリアには入れません。)
 
公式ホームページ:https://airlanguageprogram.com
5月からの多摩美術大学での平出隆最終講義全科目を含む研究会組織サイト
公式Newsletter:https://bit.ly/2UBbPiO
公式Twitter:https://twitter.com/fivienews
公式Instagram:https://www.instagram.com/via_wwalnuts/
 
来場の皆様へのご案内:https://aac.tamabi.ac.jp/information_covid-19_2.html
 
主催:多摩美術大学

お問合せ:
多摩美術大学美術学部芸術学科研究室 
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723
Email:geigaku@tamabi.ac.jp
電話:042-679-5627
FAX:042-679-5649









アートアーカイヴセンター | 2020年12月4日