インフォメーション → SPEED FLAT 2021

SPEED FLAT 2021

会期:2021年10月27日(水)~10月31日(日) 10:00~16:00(最終日のみ12:00閉場)
主催:生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻研究室 
企画:藤原大(生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻教授)
会場:多摩美術大学八王子キャンパスアートテークギャラリー102–105, 2F 





SPEED FLATは、スピード(S)とフラット(F)の2つの言葉を通じて未来のものづくりを考えるデザインプロジェクトです。 文字通りSは速さを示し、Fは平らであるさまです。


SPEED FLATは、スピード(S)とフラット(F)の2つの言葉を通じて未来のものづくりを考えるデザインプロジェクトです。文字通りSは速さを示し、Fは平らであるさまです。

表現者は、次のエリア*を選択し成果を発表します。

① インスピレーションをもとにしたケース
② 移動を通じた生産、販売のケース。もしくは運搬に焦点した企画、製造、運搬の統合ケース
③ 主に平面上の素材を用いた完全自動生産のケース
④ 平面と立体のトランスポーテーションを通じたケース
⑤ 異分野横断による統合プロジェクトのケース
⑥ 環境、資源、ゴミに関係するケース.
⑦ スピードフラットに関係する歴史研究
⑧ 新領域のケース
*エリアは毎年参加する方々の構成により変更します。

このプロジェクトは、トーマス・フリードマン著「フラット化される世界」が2005年に発表された今も世界はコロナ禍の中でフラット化が進んでいます。社会における個人の躍進、セクマイ含めた倫理的平等性やシェアエコノミー、スローライフといった考え方やフラット化できない地域といったカウンターパートが内包する社会性のあるテーマです。私たちがSPEED FLATで目指すものは、デザインを推進させる考え方の一つとして捉え、社会の課題を解決するための手段の一つと信じこの専門性を高めることです。


出展者情報
多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻/多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻/女子美術大学デザイン・工芸科ヴィジュアルデザイン専攻/東京都立大学システムデザイン学部インダストリアルアート学科/法政大学デザイン工学部システムデザイン学科ヒューマニティデザイン研究室/流通経済大学流通情報学部大学院物流情報学科研究科/東京大学生産技術研究所/多摩大学大学院/早稲田大学基幹理工学部表現工学科


問い合わせ先
テキスタイルデザイン研究室(042-679-5625)



アートアーカイヴセンター | 2021年10月19日




関連情報

Topics/Information

来場者用ガイドライン
新型コロナウイルス感染症拡大防止のために必要な対策について

アートアーカイヴセンター | 更新:2020年8月26日