収蔵資料 → 三上晴子アーカイヴ

三上晴子アーカイヴ

2015年に急逝した三上晴子(メディア芸術コース教授)の作品資料、映像記録、蔵書


2015年に急逝した、故三上晴子(多摩美術大学メディア芸術コース教授)の生前の作品資料、映像記録、蔵書などからなるアーカイヴ。三上が山口情報芸術センター(YCAM)で制作した《Eye-Tracking Informatics》(2011)の修復や再展示に関する共同研究、講義資料の整理などを通じて、バージョンアップを繰り返すインタラクティヴ・メディア・インスタレーション作品の、アーカイヴの意味や方法論を議論する。

2019年1月9~11日には、アートテークのギャラリー105 で、「三上晴子 Eye-Tracking Informatics Version 1.1 ─ YCAMとの共同研究成果展」の開催を実現した。

資料公開の有無───応相談



「三上晴子『Eye-Tracking Informatics Version 1.1』 ──YCAMとの共同研究成果展」 会場:多摩美術大学アートテーク 会期:2019年1月9–11日 写真:竹久直樹