収蔵資料 → 加山又造アーカイヴ

加山又造アーカイヴ

加山又造の下図・大下図・スケッチ・型紙・木版のプロセス版・用具など


1966年から1973年、そして1977年から88年にかけてを日本画専攻の教授として、1988年から95年にかけて特別講師として本校で教鞭をとった加山又造(1927–2004)先生の作品制作に関わる下図・大下図・スケッチ・型紙・木版のプロセス版・日本画の用具・版画用具ほかからなるアーカイヴである。
 およそ7,000点におよぶ資料群は、ご遺族である加山家からご寄贈いただいたものである。アトリエに残されていたこれらの資料には、普通では目にする機会のないものも数多く含まれており、加山先生の制作におけるヒントや方向性をうかがい知ることができる大変貴重なものとなっている。

資料公開の有無───現在のところなし